ブログトップ

ファストファッションの最前線

投稿日時:2017-02-24 15:28:53

しまむらをはじめとしたファストファッションの人気がわかるコラム記事を見つけました。

2位はしまむら!もはや定番「ファストファッション」人気の理由

http://www.excite.co.jp/

そして2位が近年人気急上昇中の『しまむら』。『しまむら』を愛用してお洒落に着こなす人を指す“しまラー”という言葉も流行しましたよね。安価な服をお洒落に着こなせるということが、センスやルックスの良さの証とみなされ、ステイタス化して ...

ファストファッションは、もはやなくてはならない存在ですよね。高級な服を着ていることがステータスなのではなく、安い服もスタイリッシュに着こなせるセンスがあることがステータスという時代になってきているんでしょう。私のお気に入りのしまむらは2位という結果。1位のユニクロは規模や知名度を考えるとおそらく不動だと思いますが、GUを押さえたのはさすがという感じがします。しまむらは地方都市にも多くの店舗があり、子供から若者、マダムまで幅広い年代に適合するファッションアイテムを購入できます。そういった客層の広さも2位に選ばれた理由なのかもしれません。

ファストファッションはなぜ支持される?

ファストファッションが支持されるようになったのは、消費者の意識が変わったからでしょう。高級志向ではなく、身の丈にあったファッションを楽しむこと。そして全てを高価な服で固めるのではなく、ベーシックアイテムはファストファッションで安く抑えるといった工夫をすること。それは今では芸能人やセレブなども取り入れている立派なファッションスキルであって「貧乏くさい」といったイメージはありません。また、昔に比べてファストファッションのアイテムが実際にファッション性が高くなっているといった面も多いでしょう。安くてもきちんと流行に乗ったデザインを手に入れられますので、早いサイクルで目まぐるしく変わるファッションの流行にもついていきやすいですし、ベーシックアイテムなら何枚でもあると便利ですから、やはりファストファッションを活用したくなりますね。

ファストファッションとしまむら

業績1位のユニクロと2位のしまむらでは、同じファストファッションでも、店舗の運営業態からして違います。ユニクロは全てを自社ブランド、自社生産の商品で揃えているのに対して、しまむらはバイヤーが買い付けているある種の「セレクトショップ」の系譜です。

ユニクロはベーシックアイテムの充実に加えて、自社ブランドオンリーのためデザインが全体的に統一感があります。一方でしまむらはとにかく幅広いデザインがあります。ベーシックアイテム、流行のアイテム、中には「えっ?」と思うような奇抜なデザインもあり、掘り出し物を発掘するたかっら探しのような楽しさがあります。一点物もおおくあります。サイズ展開が意外に豊富で、体型に自信がない方にも優しいのが嬉しいところですね。

しまむらが自社製品にこだわり持っていないのかといえばそんなことはなく、ベーシックアイテムに機能性を加えたアイテムも打ち出しています。冬場に大人気となった「裏地あったかパンツ」は3,900円としまむらにしては強気の価格帯ですが(それでも他のブランドに比べればじゅうぶんすぎるほどに安いのですが……)、110万本を売り切るほどの大ヒット商品となっています。

しまむらの強みは、店舗の運営を単純化したローコストオペレーションにありますが、人件費の値上がりなどによるローコスト化できない部分を、あえて高価格帯にして品質をあげた独自商品展開でおぎなって業績を伸ばしているようです。

ファンストファッションの品質は国産が優位?

ファストファッションで気になるのは、服の品質。いくら安くても、数かい洗うだけでボロボロになったり、そもそも来た時のシルエットがしっくりとこない、といった服ではまさに「安物買いの銭失い」といった状態になってしまいます。

ファストファッションでも、ユニクロは近年品質の向上・デザイン性の向上には力を入れているようです。その分少し値上がり傾向もありますが、ユニクロはさらに廉価になるブランド「G.U.」も経営していますので、ある意味ひたすら安さを重視する方との住み分けができているのかもしれません。ファストファッションでも、外資系の「ZARA」や「H&M」はファッション性重視、国内のブランドである「無印良品」は品質重視をしている傾向があります。無印は価格帯のわりに縫製なども丁寧にできていることで評価が高いです。ユニクロも国内ブランドですし、日本人は比較的品質も重視する傾向が強いのかもしれませんね。

ユニクロに並ぶファストファッションブランドとなるしまむらは、自社ブランドオンリーのショップではありませんので、品質に関してはものによってまちまちであったりします。品質もまちまちの場合が多いのですが、それだけにお宝級のアイテムに出会えた時の感動は素晴らしいものがあります。中には安いのに数年は着まわせる神アイテムに出会うことも。

格安なのにデザイン性がある!だけどポリエステルのテロテロ素材……といったケースも散見する外資系ファストファッション業界に比べると、国内発のファストファッションは品質も決して妥協しない日本人のこだわりが見える気がしますね。

記事検索

BACK TO TOP