ブログトップ

しまむらが防寒雑貨で更に成長中

投稿日時:2017-03-06 10:58:58

しまむらが独自の防寒グッズ展開で、採算を改善することに成功したそうです。しまむらもブランド力で売る時代になってきたということでしょうか?

しまむらの3~11月、純利益36%増 独自の防寒雑貨伸びる

http://www.nikkei.com/

気温が下がった11月に冬物衣類が売れた。筒状のクッションや円形の毛布など独自色のある防寒雑貨も人気だった。 営業収入を含む売上高は5%増の4292億円だった。主力の「ファッションセンターしまむら」は、17店舗を新規に出した。 ...

しまむらはユニクロやなどとは違い、自社ブランドの商品のみを販売しているわけではありません。そのために、幅広い世代に受け入れられる豊富なファッションやサイズ感を取り揃えられているのが魅力でありますが、独自色のある製品は少なかったように思います。基本的に商品が売れたらどんどん新作を入荷していくスタイルだからでしょう。しかし、最近ではブランド力を強化する方針になってきたのか、自社独自色をだした商品が増えてきたように思います。ニュースで取り上げられている「ウラモコ」や「ロールクッション」は好例ですね。安くて気軽に変えるしまむらが「独自アイテム」でも順調に売り上げを伸ばせば、自社アイテムのみのファストファッションブランドにはない、大きな強みを持つ企業に成長しそうです。

しまむらの防寒雑貨・衣類は進化する

しまむらの防寒衣料といえば「裏地あったか」シリーズでした。それが2016年更にパワーアップして登場したのが話題になっている「ウラモコ」です。ウラモコシリーズはシャツやパンツなど、様々なアイテムを展開しており、ジーンズ一つをとっても股上やシルエットなどを変えた4種類を展開しています。防寒雑貨にも力をいれていて、話題の「ロールクッション」は筒状になっているために、お腹の上からお尻の下まで全面にぴったりフィットするのが魅力です。人間だけではなくペットが喜んで中に入るため、しまむらホイホイの異名を取っていることは、ニュースでも取り上げられている通りです。衣料品だけではなく、雑貨も幅広く取り扱っているしまむらだからこそ、幅広いチャレンジが可能なのかもしれません。

しまむらの防寒衣料には定評あり

元々、しまむらの防寒雑貨・衣類にはかなり定評があります。夏場の涼感アイテムについてはユニクロやイオンに比べれば分が悪いのですが、防寒衣料と防寒雑貨についてはその圧倒的な品ぞろえで、防寒衣料の代名詞的存在であるユニクロのヒートテックすらも凌駕できるポテンシャルがあります。実際に、防寒雑貨の改良・拡充がしまむらの増益につながったのですから、その品質はエンドユーザーが認めるところということですね。

他社製品とはちがい、しまむらの防寒衣料は全体的にしっかり厚地で作られています。インナーでもペラペラではありません。通常、防寒衣料の効果が持続するのは1季節程度といわれていますの。しまむらでは少し厚手の生地を使っていますので、防寒衣料としての特殊加工が薄れた後も、生地の厚みで温かさを感じやすいといった面もあるかもしれませんね。裏起毛の商品もあり、長く使うことができる良品です。

しまむらの防寒雑貨は非常に多彩です。インナーやジーンズ、タイツなどといった定番アイテムもあれば、冷え取り重ね履き靴下、パンツにいらるまで、全身を防寒雑貨だけで固めることができるほどのラインナップです。乾燥が気になる季節だからこその、しっとりした触感の「うるおい」シリーズがあるのも、他にはない特徴と言えるでしょう。

防寒雑貨としまむらの姉妹店

しまむらは雑貨も充実しているのが特徴です。紹介されているロールクッションもそうですし、その雑貨の充実はバッグや靴といったファッションアイテムはもちろん、タオルやスリッパ、バスマット、シーツや布団、毛布などの寝具、果ては文房具まで揃っています。ロールクッションの他に防寒雑貨として話題になったのは、ラウンド毛布。夏場に人気だったラウンドバスタオルの毛布バージョンで、手ごろなお値段と優しい手触り、ソファーカバーにも使える絶妙なサイズ感が人気となっています。

しまむらには様々な姉妹店が存在します。有名なのは、より若者向けに特化したアベイル。まだまだ店舗数はすくないですが、ベビー用品店のバースデイ、雑貨店のシャンブルなどもあります。バースデイでは赤ちゃん用の防寒ロンパースを発売、シャンブルでももこもこルームシューズなど、防寒グッズには力を入れていて、それぞれ非常にお得なプライスで購入できます。

しまむら独自ブランドの防寒雑貨は、多少割高に設定されているものも多いです。しかし、しまむらは元々のお値段設定が非常にリーズナブルですので、他店と比べると割高感はありません。むしろそれでも安いくらいです。系列の姉妹店も、全体的に安くお買い物をすることができます。季節アイテムはシーズン限りになることも多いものですが、しまむらやしまむらの姉妹店で揃えることでお安く暖かく冬をのりきることができそうですね。

記事検索

BACK TO TOP